あらゆる風俗情報更新中

風俗情報更新中 とぅる☆りぃら

オランダの風俗 飾り窓

なぜ飾り窓と呼ばれているのか

風俗に関する法律は国によって異なっており、それぞれがさまざまな特徴を持っています。
世界の風俗を楽しむために海外旅行を楽しむ風俗ファンは少なくありません。
中でも広く知られているのはオランダの風俗「飾り窓」でしょう。
風俗ファンとしては飾り窓の雑学を知っておきたいもの。
雑学を知ることでより風俗が楽しめるのです。

飾り窓とは道路に面したドアがガラス窓の前に女性が立ちお客さんを誘いサービスを行う風俗のこと。
少しでも女性をセクシーに見せるため
ピンクや紫、ブラックライトの照明を使っており、飾り窓の前には赤いランプが灯っています。
そのため、飾り窓のあるエリアは独自の輝きがあるのです。
歌舞伎町やススキノなど日本の風俗街もネオンが輝いていますが、それと近い独特の魅力があります。

飾り窓のシステムについて

飾り窓の前には赤いランプがありますが、このランプが点いていれば営業を行っています。
しかし、別のお客さんを接客している場合は、ランプが点いているもののカーテンで窓が隠されています。
そのため、飾り窓で遊ぶのであれば、カーテンの開いている部屋を選びましょう。
そして、窓から覗き込むことで女性の姿が確認出来るため、自分好みの女性を直接選ぶことが出来るのです。
女性はお客さんの目を引くために下着や水着を着ています。

また、世界中の多くの風俗街ではポン引きと呼ばれる客引きがお客さんを呼び込んでいますが、飾り窓にポン引きはいません。
そのため、お客さんは自分から女性を選ぶことが出来ます。
さらに、値段交渉も女性と直接行い、そこで料金に納得出来たら料金を払ってプレイを行います。
プレイルームはベッドよりも少し広いだけですので、簡易的なものと考えましょう。

飾り窓のある場所とは

海外の風俗で飾り窓は広く知られていますが、主に盛んなのはオランダです
中でも最も飾り窓が多いのはオランダのアムステルダムでした。
ですが、現在アムステルダムは行政の指導によって飾り窓が減少傾向にあります。
そのため、アムステルダム以外の地区も知っておいた方が良いでしょう。
現在デンハーフ、デフェンテル、アイントホーフェンなどで飾り窓が営業を行っています。
また、飾り窓はオランダだけでなくドイツのハンブルク、ベルギーのブリュッセルなどで営業を行っているのです。
ドイツやベルギー旅行のついでに飾り窓を楽しんでも良いでしょう。
ただし、エリアによってシステムが多少異なりますので注意してください。